手足のしびれの原因がひと目でわかる!危険な症状を早期に発見しよう

HOME » 神経性のしびれに関する私的トピックス » 神経障害の救世主!ヒトデの可能性

神経障害の救世主!ヒトデの可能性

長年しびれに悩む母のためにと知人が教えてくれたのが、あの「ヒトデ(海星)」でした。調べてみると、しびれに有効であることはもちろん、実にさまざまな可能性があったのです。

神経性のしびれに「ヒトデ」が良いって本当?

あちこちでいろいろな治療を続けてもなかなか良くならない母の「しびれ」のために、何かしてあげられないかと調べ始めたのが最初でした。

知人から「神経性のしびれなら、これが効くよ」と教えてもらったのはヒトデのエキス。「ヒトデって、あのヒトデ?」と驚くのは、私に限ったことではないでしょう。

でも、調べてみると、いろいろなことがわかりました。

ヒトデは、中国では漢方薬の原料として使われているそうです。日本では、天草地方など地域によっては卵巣が食用にされているところもあるそうです。

ヒトデはステロイドサポニンを豊富に含有

早速ヒトデの効用について調べてみました。古くは漢方薬としても使われていて、滋養強壮、老化防止効果などがあるのだとか。最近ではサプリメントとしても販売されていますが、主な効果は神経機能強化と血流改善です。

また、ヒトデにはステロイドサポニンという物質が豊富に含まれていて、これが血流改善や滋養強壮作用などをもたらすそうです。ステロイドサポニンは、あの有名な高麗人参にも薬効成分として含まれています。

海の嫌われ者「ヒトデ」の大きな可能性

食材として珍重されるウニやナマコと違って、ヒトデはカキやアワビ、ホタテなどの貝を食い荒らしサンゴの幼生を食べてサンゴ礁を死滅させてしまうため、漁師や自然環境保護の立場からは毛嫌いされています。増え過ぎると海産資源に深刻なダメージを与えるため、駆逐して捨てられることも多いそうです。

健康の強い見方、ヒトデ一時は捕獲したヒトデを真っ二つに切って海に捨てていたのですが、再生力の強いヒトデは二つに切られると別々の固体として2匹に増えてしまうため、かえってヒトデが大増殖してしまったという話もあります。

逆に考えると、それだけ強い生命力を持ったヒトデを有効に活用することができれば、人間にとっては無尽蔵の資源を手に入れたのと同じことだとも言えるわけです。

たとえば、ミネラル分が豊富にあるヒトデは、土壌中のミネラル補充にもなるため、土壌改良などにも利用され始めています。また、美肌効果のたるセラミドを含有しているため、化粧品にも利用されているのだとか。

ヒトデは厄介者という一面もありますが、有効活用することで私たちにとって心強い味方になるのです。

このように、私がヒトデに興味を持つようになって研究資料などを調べているうちに目を留めたのは、神経細胞の伝達機能に深い関わりがある「ガングリオシド」という物質がヒトデに多く含まれているという事実でした。

>>ヒトデに含まれる成分「ガングリオシド」って何?その働きとは?